施工事例ブログ | 愛知・岐阜・三重・コンクリート補修・駐車場土間コンクリート補修なら技術力・実績NO1の東海技巧へお任せください!

東海技巧
無料見積り・お問合せはこちら
直接電話だと確実にお繋ぎできます

施工事例ブログ

2020年01月28日 [コンクリート補修]

コンクリート亀甲ひび割れは長期放置はNGです。

前回のブログでは、土間コンクリートの乾燥収縮クラックについてお話をしましたが、乾燥収縮クラックの他にも外部要因によるクラックは多種様々です。建物の不同沈下によるひび割れ、環境温度の変化によるひび割れ、凍結融解によるひび割れ、地震によるひび割れ等々があります。

今回のブログは、冬から春にかけて寒冷地方で問合せが多い、土間コンクリートひび割れ「表面亀甲状クラック」についてお話します。

表面亀甲クラックとは土間コンクリートの表面に出る細かい亀甲状のひび割れです。
昼夜の寒暖に差がある寒冷地で発生することが多く、原因は「夜間にコンクリート中の水が凍結・膨張し、日中に溶ける(凍結と融解の作用)」を繰り返すことによって発生します。この表面亀甲クラックを放っておくと凍結融解作用を繰り返しクラック幅が大きく広がります。そこから水がコンクリート内部に浸透し、さらに大きな膨張圧を生じ内部損傷を引き起こす悪循環なのです。

また、凍結融解作用による内部応力によりスケーリング(表面部のペーストが剥離)やポップアウト(膨張圧がコンクリートを破壊して表面がクレーター状)も多々見かけます。こちらも放っておくと大きな剥がれを生じます。

土間コンクリートを珪酸塩ナトリウムカリウムの内部促進タイプと珪酸リチウムの表面固化型・で改質緻密化を図り、水は通さないが水蒸気は出入りする「呼吸する膜」を形成することが重要です。

土間コンクリートのひび割れ・クラック補修は
東海技巧までご相談ください。

s


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop