施工事例ブログ | 愛知・岐阜・三重・コンクリート補修・駐車場土間コンクリート補修なら技術力・実績NO1の東海技巧へお任せください!

東海技巧
無料見積り・お問合せはこちら
直接電話だと確実にお繋ぎできます

施工事例ブログ

2020年02月02日 [コンクリート補修]

冬季の土間コンクリートのひび割れ抑制対策

ひび割れを起こさない土間コンクリートとは?

K


巷でよく言われる乾燥肌。
角質の水分量の減少が原因で生じる肌トラブルと言われています。
わたしも加齢による肌バリアー機能の低下を機に、
お風呂上がりにスキンケアをしています(笑)。


じつは、土間コンクリートの打設も季節や天候によって人間同様にケアが必要なのです。


例えば積算温度300度を基準と考え、外気温5度の場合、約3日間の養生が必要になります。しかしその間、風は容赦なく吹きさらします。コンクリート表面は乾燥によりどんどん水分が奪われていきます。わたしたち人間と同じで、水分がないとシワができる、水分がないと微細なひび割れがおきるのです。


抑制対策として、打設直後の保温養生が必要!!
風養生なのか雨養生なのか、お天気レーダーから動向を読み取り、打設面表面を覆うことが重要です。

しかし、広範囲は養生も大変であります。

それらも含め、打設後翌日にケイ酸塩表面養生剤を
弊社では取扱っており、全国広範囲の施工業者さまから注文を頂いております。

その使いやすいさは抜群。
さっと噴霧器でかけるだけのことで、コンクリート養生が安心していられます。

コンクリートの打設後1週間は繊細で配慮が必要。
そのケアによってコンクリートの品質と長寿化が決まります。




土間コンクリートのひび割れ・クラック補修は
東海技巧までご相談ください。


全国対応可能です。
○北海道地方 道北 道東 道央 道南 ○東北地方 北東北 南東北 ○関東地方 北関東 南関東
○中部地方 北陸 東山 東海 ○近畿地方 北近畿 京阪神 畿内 南近畿 ○中国地方 山陰 山陽 瀬戸内
○四国地方 北四国 南四国 瀬戸内 ○九州地方 北部九州 東九州 中九州 西九州 南九州


愛知・岐阜・三重・滋賀・福井・京都など近郊の方もお気軽にどうぞ。


  • Facebook
  • Twitter
  • はてなブックマーク

PageTop