施工事例ブログ | 愛知・岐阜・三重・コンクリート補修・駐車場土間コンクリート補修なら技術力・実績NO1の東海技巧へお任せください!

東海技巧
無料見積り・お問合せはこちら
直接電話だと確実にお繋ぎできます

施工事例ブログ

2016年06月26日 [コンクリート補修]
コンクリートのひび割れ補修での施工管理方法もクラックボンド注入量の積算管理が弊社における管理手順がとても判り易い管理法にて報告書作成時にもお役に立てるようご提案しております。

2016年06月25日 [コンクリート補修]
一般外構工事からビル・マンションとコンクリートの美観回復(意匠復元)もこの梅雨時期も補修箇所が濡れての白く浮き立たない補修が他社補修における違いが弊社では可能となっております。濡れても補修箇所も浮き立たない補修は東海技巧へお任せください。67

2016年06月25日 [コンクリート補修]
この4ヶ月程、公共事業、民間工事と連日休みもない程にご依頼をいただいており感謝しております。リピート率も有難く100%です。今年の夏は猛暑でしょうか⁈夏は得意な方ですが、しっかり体調管理を大事にして、暑い夏もスピーディな対応をがんばっていきます!1234

2016年06月20日 [除カビ]
弊社、外構工事担当の職人さんが左官一級技能検定へ向けて練習。今回も1位を狙っているとの事で仕上がりもバッチリであり期待大です。左官左官2

2016年06月19日 [コンクリート補修]
小さな研究も大きな研究も役に立つものであると思うから研究します。国内初のコンクリート補修の研究は誰もされてなく、また気がついてもいないと思うと大切な課題になっております。コンクリート補修は東海技巧へお任せください。研究

2016年06月19日 [コンクリート補修]
土間モルタルアートの新提案商品にて、商品を揃えております。価値あるものを見て過ごすことも日々の暮らしを楽しませてくれます。外構の土間コンクリートは東海技巧へお問い合わせください。カラーカラー

2016年06月19日 [コンクリート補修]
住宅造成工事でのコンクリート擁壁のクラックの誘発診断とひび割れ補修を行いました。クラックの誘発理由対策法エポキシ樹脂注入ひび割れ部被覆補修コンクリート意匠復元補修は進行性を洞察し、注入剤品種の選択が大切になりますので、ひび割れ特質を理解してからの材料選択となります。また、ひび割れ、クラックの周辺にも微細なひび割れが存在するケースも多々ありますため、気がつかない隙間からの雨水浸透が劣化促進させ、鉄筋が錆ればコンクリートが押し出され爆裂します。そこは、きっちりと見極める補修が大切です。そして、その対処に補修箇所の最適な被覆方法意匠復元前のひと手間が他社にはないスキルが弊社、オンリーワンの工法であります。コンクリート補修のご相談からご要望はお気軽にお問い合わせください。コンクリート補修の東海技巧ビフォービフォー2アフター

2016年06月06日 [コンクリート補修]
愛知県にて店舗のリフレッシュ工事にて外壁コンクリートの復元工事を完工です。今回は建装会社様からのご依頼あってペンキ塗装とコンクリート美装の両工事にて見違える程、変わりました。有難うございまいした。建物メンテナンスの匠 東海技巧コンクリート補修のご相談はお気軽にどうぞ。 Beforee Aftereesss

2016年06月04日 [コンクリート補修]
「土間の補修」簡単なようで、施工後の品質トラブルが絶えないものであります。その理由に、「施工技術的な理由」があります。 材料選択のみで行う施工では、クリアー出来ないものが根本的に土間補修には多く潜んでおります。修繕に目利き検討ができるかできないかで品質差が大きくでます。例えば、雨痕、猫足跡、木くず混入、キズ、凹み等の「5mm以下の薄い傷や凹みに対する修繕」「土間では車が駐車するなどの加重や摩擦抵抗があり、屋外では太陽熱・紫外線・風と収縮から乾燥ひび割れ等と薄い補修部分にも負荷がかかり耐久性が必要であります。その様な理由で多くの業者さんも苦手としており、施工後のトラブルが多発しております。弊社では独自の修繕システムにより、他社比較においても技術的に評価を頂き、様々な補修条件にも対応が可能であります。 5mm以下の穴埋め等、いわゆる欠穴・キズの薄い補修にて剥がれの無い独自工法を追求し商品化・施工しております。また、施主様への施工内容にもどのような工法を用いて施工を行うのかと技術的な説明をわかり易く説明を行います。また、土間の雰囲気を素敵に一変しますカラー調色施工から石を一切使用しないモルタルアート施工も提案しております。土間コンクリート補修・駐車場補修のご用命は東海技巧へご相談ください。ddd

2016年06月01日 [コンクリート補修]
今回は3Dの補修でした。 3D? 凹凸のある杉板を造形した後に調色を行っております。いわゆるフルコースな杉板補修と言っておきます。この3D 杉板補修のフルコースは手をかける職人技となります。出来る者は今では少ない為、貴重な職人と言われ、仕事の受注は指名で頂き、また職人紹介という流れで紹介者からの口コミだけで受注まで繋げて頂き、感謝の多いものであります。今月、大規模な杉板コンクリートの補修にて打合せにも力が入ります!Ss2建物メンテナンスの匠 東海技巧除カビ・防カビ・汚れのご相談・無料御見積コンクリート補修・意匠復元杉板コンクリート補修

PageTop